遺跡紹介

米子市内は鳥取県内でも有数の遺跡密集地です。原始から多くの人々が広い平野部とその周辺の台地上で生活していたことが分かっており、米子平野周辺地域の歴史を示す出土が数多くあります。

米子市周辺の遺跡をいくつか紹介します。
地図上の数字をクリックすると、遺跡の説明が表示されます。

遺跡紹介図 1:鳥取藩台場跡淀江台場跡(国指定史跡) 2:妻木晩田遺跡(国指定史跡) 3:向山古墳群(国指定史跡) 4:上淀廃寺跡(国指定史跡) 5:石馬谷古墳(国指定重要文化財) 6:井手挟3号墳 7:角田遺跡(県指定保護文化財) 8:尾高城跡(市指定史跡) 9:尾高浅山遺跡 10:上福万遺跡 11:石州府1号墳 12:博労町遺跡 13:米子城跡 14:目久美遺跡(市指定史跡) 15:池ノ内遺跡 16:陰田横穴群 17:宗像1号墳 18:橋本城跡・石井要害 19:福市遺跡(国指定史跡) 20:青木遺跡(国指定史跡) 21:三崎殿山古墳 22:普段寺1号墳 23:手間要害 24:大寺・坂中廃寺跡


PDFファイルについて
PDFファイルをご覧になるためには、Adobe Reader という閲覧ソフトが必要です。アドビシステムズ社のサイトで最新版をダウンロードしてご利用ください。(無償)
※最新版でない Adobe Reader (旧 Acrobat Reader)をお使いの場合、ファイルの一部が表示されない場合があります。
※大きいデータサイズのファイル(1.0MB以上)は、表示に時間がかかることがあります。ファイルの上で右クリックして「対象をファイルに保存」を選択し、コンピュータの任意の場所にダウンロードしてからご覧になることをお勧めします。
携帯サイトはこちら