※このページは印刷できません。

展示フロアのご案内

◎開館時間 : 午前9時半〜午後6時。(入館は午後5時半まで)
◎休 館 日  : 毎週火曜日及び祝日の翌日、年末年始(12/29〜1/3)。 
◎観 覧 料  : 無料(企画展・特別展は別途)


常設展示フロアは、主に米子城の関係資料を展示する「米子城物語」や近代の生活用具を展示する「なつかしの生活用具」で構成されています。
また、明治5年の米子の町絵図なども紹介しております。
  • 米子城の復元模型

    米子城の復元模型と鯱瓦(しゃちがわら)

    米子城の復元模型と嘉永(かえい)5年(1852)に大修理された際の鯱瓦(しゃちがわら)、高さ1m3p、重量はなんと、75sもあります。
    平成17年(2005)に米子市指定有形文化財に指定されました。

  • 米子城の復元模型

    米子城の復元模型と鯱瓦(しゃちがわら)

    米子城の復元模型と嘉永(かえい)5年(1852)に大修理された際の鯱瓦(しゃちがわら)、高さ1m3p、重量はなんと、75sもあります。
    平成17年に米子市指定有形文化財に指定されました。

  • 米子城の鉄砲類

    米子城の鉄砲

    幕末の頃、米子城の銃砲類は多種多様の形式が入り混じっておよそ800丁あります、しかしながら旧式のものが多く、戦力は低かったと思われます。

  • 米子組士伝世品の甲冑(かっちゅう)

    米子組士伝世品の甲冑(かっちゅう)

  • 囲炉裏

    囲炉裏や蓑、笠

    囲炉裏(いろり)、蓑(みの)、笠など、おとぎ話の挿絵になりそうな品物を所狭しと展示しています。
    この展示室には他に、千歯(脱穀に使用する農具)、石臼、洗濯板・桶など懐かしの道具類がぎっしりです。

  • 囲炉裏

    囲炉裏や蓑、笠

    囲炉裏(いろり)、蓑(みの)、笠など、おとぎ話の挿絵になりそうな品物を所狭しと展示しています。
    この展示室には他に、千歯(脱穀に使用する農具)、石臼、洗濯板・桶など懐かしの道具類がぎっしりです。

  • てっぽう風呂

    てっぽう風呂

    「てっぽう風呂」と呼ばれ、木の桶(おけ)に、薪(まき)をくべる釜が付いた風呂です。

  • 人力車

    人力車

    駕籠(かご)に変わって、主に明治〜昭和初期に移動手段として用いられた日本の代表的な公共輸送機関でした。職を失った駕籠かき達は、多くが人力車の車夫に転職しました。

  • 尋常(じんじょう)小学校風の展示室

    尋常(じんじょう)小学校風の展示室

    明治〜昭和40年代の学用品を展示しています。  右の展示室には、「玩具と遊び」をテーマに、ケースにはけん玉やベーゴマ、おはじきなどの玩具を、また壁面に は江戸時代からの双六(すごろく)を多数紹介しています。

館内のご案内

2階

1階

 ※■紫色の区画は、非公開です。
 ※3階は、全て非公開です。
 ※車椅子対応スロープ、バリアフリー設備(1階のみ2階へのエレベーターがありません。)
 ※車椅子対応トイレ設置(1階のみ)
 ※盲導犬・介助犬の受け入れ有

携帯サイトはこちら